高齢者向け出張フットケアサービスとは

平成19年より、東京都世田谷区をはじめ23区の介護施設を中心に、入居されているご高齢者の皆様に巻き爪や爪が厚くて切れないなどの足の爪のケア、足の冷えやむくみなどを緩和するフットマッサージを中心としたフットケアを現地施設に出張して施術いたします。
DSCF00081.jpgDSCF00251.jpgd121.jpg転倒予防や自立支援をサポート筋力の低下、膝関節の痛み、冷えやむくみ、だるさやしびれなど、足脚にトラブルがあると歩くことが疎かになります。また、靴を履いている時間が長いと、足の趾(ゆび)が硬くなり靴の中で趾が固まってバランスがとりにくくなります。フットケアを施すことで、足のトラブルを少しでも解消し、転倒予防や自立支援をサポートします。

なぜ、足の爪のケアをするのか歩行時に身体が倒れないようにバランスをとって立位を保つためには、足の趾が重要な役割を果たしています。その足趾が十分に役割を果たすために必要なのが、整った爪です。

足の趾の「蹴りだす力」、「からだを支える力」をサポートしている足の爪をケアすることで、足の趾に力を込めてバランスよく歩くことができます。巻き爪や靴にあたってしまう肥厚爪、爪白癬、深爪などがあると、足趾に力を込めて歩くことができません。

高齢者に難しい足の爪切り高齢者に難しい足の爪切りお客様の中には「80年生きてきて、初めて人に爪を切ってもらうわ~」と喜んでくださる方や、爪切りが苦手という方もいらっしゃいます。

足の趾先は、ご自身では手が届きにくかったり、目が見えにくく爪切りが難しい場所です。周囲の方の目も届きにくく、トラブルや悩みがあっても細かくお世話することが難しい部分です。巻き爪や爪が厚くなってお困りのご高齢者も少なくありません。「爪が厚くなってなかなか切れないのよ・・」というお声をよく聞きます。私たちは、痛みがないように少しずつカットしてケアをさせていただきます。

マッサージで足のむくみを解消循環機能の低下、運動不足や長い時間、いすや車いすに腰かけていると足がむくみやすくなります。ゆっくりソフトなフットマッサージを受けていただき、血行を促進することでむくみを解消します。お客様からは「足がほかほかほかしてきた」「足の趾が動かせるようになった」といった声をいただいております。

施術場所施設の理美容室や空いているスペースをお借りして、いすや車いす、リクライニングシートなどでお受けいただきます。お客様のお部屋に訪問してベッドでもお受けいただきます。

一人ひとりに合わせてお身体にご負担がないように、一番楽な姿勢で心身ともにリラックスしてお受けいただけるように工夫をしております。

施術前のあいさつ初めてお会いしてフットケアをお受けいただく際には、施術前に必ずひと言おかけする言葉があります。「本日は足のお手入れにお伺いしました。〇〇と申します。足を拝見してもよろしいですか?」と許可をいただくひと言です。

このひと言でお客様に安心して施術を受けていただいております。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム